沿革

昭和57年 社会福祉法人 摂津市障害児童センター設立
摂津市立つくし園・心身障害児通園事業めばえ園開設   
昭和58年 摂津市立ひびき園開設   
昭和59年 摂津市立身体障害者福祉センター・老人福祉センター開設
昭和61年 社会福祉法人 摂津市障害児童センター解散
社会福祉法人 摂津市社会福祉事業団設立
摂津市身体障害者等能力開発訓練施設くすのき園開設
昭和63年 摂津市立第1児童センター開設
平成元年 摂津市立はばたき園開設
平成14年 ひびき園で障害児(者)地域療育支援事業を実施
社会福祉法人 宥和会 設立
摂津市立みきの路開設、短期入所事業を併せて開始
平成17年 障害者就業・生活支援センターステップアップ事業実施
はばたき園で知的障害者(児)の短期入所事業を実施
平成18年 障害児童センターで短期入所事業を実施
障害児童センターの短期入所事業が、つくし園の日中一時支援事業に移行
平成20年 障害者就業・生活支援センター事業(雇用安定等事業・生活支援等事業)を受託
平成21年 摂津市立身体障害者福祉センターが地域生活支援センター事業へ移行
平成22年 多機能型事業所ひびきはばたき園に移行(就労移行支援・就労継続B型・生活介護)
障害者総合支援センター開設(障害者相談支援センター、就業・生活支援センター、日中一時支援事業)
平成23年 みきの路の短期入所事業および日中一時支援事業で、児童の受け入れを開始
平成24年 ひびきはばたき園で移動支援事業「てくてく」を開始
つくし園の施設種別が児童発達支援センターへ移行
障害児童センターが児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業へ移行
障害者総合支援センターで(市)特定相談支援・障害児相談支援・摂津市障害者(児)相談支援事業へ移行、(府)地域相談支援へ移行
グループホーム(共同生活介護・共同生活援助)「みきの家サルビア」を茨木市内に開設
障害者総合支援センターで(市)相談支援機能強化事業が摂津市基幹相談支援センター等機能強化事業へ移行
平成25年 つくし園で相談支援事業を開始
平成26年 摂津市立障害児童センターが摂津市立児童発達支援センターへ名称変更
つくし園で保育所等訪問支援事業を開始
事業所としての摂津市立障害児童センターが摂津市立めばえ園に変更
身体障害者福祉センターの地域生活支援センター事業が生活介護に移行
指定管理者制度による公募選定により、第1児童センターの指定管理者として指定
グループホーム(共同生活介護・共同生活援助)「ガーベラ」を摂津市内に開設
平成27年 社会福祉法人 摂津市社会福祉事業団を解散して、社会福祉法人 宥和会に統合
社会福祉法人 摂津宥和会 設立
グループホーム(共同生活介護・共同生活援助)「オリーブ」を摂津市内に開設
平成28年 グループホーム(共同生活介護・共同生活援助)「コスモス」「サクラ」を摂津市内に開設
平成29年 ひびきはばたき園で自立訓練(生活訓練)を開始
児童発達センター「くまさん教室(親子教室)」を開始
摂津市障害者総合支援センターが移転